Welcome Guest | ログイン
検索
詳細検索
だから荒野 文春文庫: 桐野夏生: BOOKS KINOKUNIYA
詳細
だから荒野 文春文庫
だから荒野 文春文庫
著者名 桐野夏生
出版社 : 文藝春秋
出版年月 : 2016/11
ISBN : 9784167907242

BookWeb価格 : US$12.99
Kinokuniya Member price : US$11.69

在庫情報 : 日本のフルフィルメント・センターに在庫があります。通常、7-10営業日ほどで米国内物流拠点に到着、発送いたします。
言語 : Japanese
Important

内容情報
46歳の誕生日、夫と2人の息子と暮らす主婦・朋美は、自分を軽んじる、身勝手な家族と決別。
夫の愛車で高速道路をひた走る。
家出した妻より、車とゴルフバッグが気になる夫をよそに、朋美はかつてない解放感を味わうが…。
家族という荒野を生きる孤独と希望を描いて、新聞連載時大反響を呼んだ話題作の文庫化。
四十六歳の誕生日、身勝手な夫と息子たちを残し、家を出た主婦・朋美。夫の愛車で気の向くまま高速をひた走る彼女を待っているのは。こんなにいとも簡単に夫と息子を捨てられるとは。





会社員の夫と、大学生と高校生の息子たちとともに東京の郊外で暮らす主婦・朋美。

日々家庭を支えてきた苦労を理解しようともせず、夫はその場しのぎの言葉ばかり、

息子たちは、「キモいおばさん」扱い。

46歳の誕生日の席で、朋美を軽んじてきた彼らに対し、ついに反乱をおこす。

身勝手でわがままな家族たちとは決別。レストランの席を立って、夫の愛車で

高速道路をひた走る――。

家出した妻より、車と女の住所が入ったゴルフバックが気になる夫をよそに

かつてない解放感を味わうが、車を失い、ヒッチハイクで出会ったのは、原爆を語り継ぐ老人と青年だった。



家族とどう生きるかの孤独と希望を描いて、新聞連載時大反響を呼んだ話題作、ついに文庫化!



?家族?という荒野を生きる──。



解説・速水健朗

桐野 夏生[キリノ ナツオ]

Size
459p 15cm(A6)
About the Author
桐野夏生[キリノナツオ]
1951年、金沢生まれ。成蹊大学法学部卒業。93年「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞受賞。99年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、04年『残虐記』で柴田錬三郎賞、05年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、08年『東京島』で谷崎潤一郎賞、09年『女神記』で紫式部文学賞、『ナニカアル』で10年、11年に島清恋愛文学賞と読売文学賞の二賞を受賞。1998年に日本推理作家協会賞を受賞した『OUT』で、2004年エドガー賞(Mystery Writers of America主催)の候補となった。2015年、紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
この本を買った人はこんな本も買っています。
著者名 湊かなえ
US$10.99
for Kinokuniya Member:
US$9.89
著者名 佐藤愛子(作家)
US$19.99
for Kinokuniya Member:
US$17.99
身代わりの空 <下> - 警視庁犯罪被害者支援課...
著者名 堂場瞬一
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79
身代わりの空 <上> - 警視庁犯罪被害者支援課...
著者名 堂場瞬一
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79