Welcome Guest | ログイン
検索
詳細検索
上野-会津百五十年後の密約 十津川警部シリ-ズ: 西村京太郎: BOOKS KINOKUNIYA
詳細
上野-会津百五十年後の密約 十津川警部シリ-ズ
上野-会津百五十年後の密約 十津川警部シリ-ズ
著者名 西村京太郎
出版社 : 文藝春秋
出版年月 : 2019/04
ISBN : 9784163910109

BookWeb価格 : US$16.99
Kinokuniya Member price : US$15.29

在庫情報 : 日本のフルフィルメント・センターに在庫があります。通常、7-10営業日ほどで米国内物流拠点に到着、発送いたします。
言語 : Japanese

内容情報
明治維新から数えて百五十年を超え、歴史に対する認識が次々に見直される中、上野の西郷隆盛像を破壊せよ、という脅迫状が届いた。
犯行グループは「歴史を正す者」と名乗る集団。
警備中に、東武鉄道への爆破予告も。
十津川は「特急リバティ会津」に乗り、会津若松へ。
さらに犯人から、東京都などに対し、二十億円の要求が届く。
これは会津人から、明治新政府の流れを継ぐ“政府”に対する復讐なのか?
Size
234p 18cm
About the Author
西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
1930年東京生まれ。63年「歪んだ朝」で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞、作家デビュー。65年「天使の傷痕」で第11回江戸川乱歩賞受賞、81年に「終着駅殺人事件」で第34回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。04年に第8回日本ミステリー文学大賞、10年に第45回長谷川伸賞、さらには19年に第4回吉川英治文庫賞を受賞。現在も精力的に活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)