Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
孫と私のケッタイな年賀状 文春文庫: 佐藤愛子(作家): BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
孫と私のケッタイな年賀状 文春文庫
孫と私のケッタイな年賀状 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2019/01
ISBN : 9784167912109

BookWeb Price : US$14.99
Kinokuniya Member price : US$13.49

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
孫・桃子の誕生以来二十年、親しい友人に送った2ショット年賀状。トトロやコギャル、はては生首まで、伝説の扮装写真を一挙公開!親しい知人だけに送った?伝説の年賀状?全記録。



真面目くさった挨拶を年賀状に書くのは億劫だ。文言代わりに私らしい写真を送れば楽でいい――そう思った結果、書くよりも何倍もメンドくさいことに! 孫・桃子相手の扮装写真は、その成長と共にトトロ、幼稚園児、コギャル、泥棒、生首となぜか過激になるばかり。やがて反抗期を迎えた孫の運命は……。



解説・阿川佐和子氏「佐藤家の孫に生まれたかった!」



汗と涙の20年を振り返る、母娘三代の座談会付き。

娘・響子 「桃子、この二十年間の記録を今、客観的に振り返ってみてどうなの?」

孫・桃子 「これを客観的には見られないよ」

娘・響子 「あんたトラウマになってるの? ひょっとして(笑)」

孫・桃子 「これに関する記憶があんまりない(笑)」

祖母・愛子「だから、いま見てどう思うのよ!」

(本文「年賀状 鼎談講評」より)

佐藤 愛子[サトウ アイコ]
著・文・その他
About the Author
佐藤愛子[サトウアイコ]
大正12(1923)年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。戦後「文芸首都」の同人となり小説を書き始める。昭和44(1969)年「戦いすんで日が暮れて」で第61回直木賞を、昭和54年「幸福の絵」で第18回女流文学賞を受賞。ユーモアの効いた世相風刺と、人生の哀歓を描く小説やエッセイで多くの読者を魅了する。平成12(2000)年、父の作家・佐藤紅緑、異母兄のサトウハチローを始めとする佐藤家の人々の凄絶な生の姿を描いた大河小説「血脈」の完成により第48回菊池寛賞を受賞。平成27年「晩鐘」で第25回紫式部文学賞を受賞。平成29年、旭日小綬章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
ちびしかくちゃん <2> りぼんマスコットコミッ...
By さくらももこ
US$6.99
for Kinokuniya Member:
US$6.29
By 村山早紀
US$26.99
for Kinokuniya Member:
US$24.29
By ジョ-・ネスボ/ 鈴木恵
US$13.99
for Kinokuniya Member:
US$12.59