Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
ム-ンナイト・ダイバ- 文春文庫: 天童荒太: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
ム-ンナイト・ダイバ- 文春文庫
ム-ンナイト・ダイバ- 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2019/01
ISBN : 9784167912055

BookWeb Price : US$10.99
Kinokuniya Member price : US$9.89

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
震災から四年半が経った地で深夜に海に潜り、被災者たちの遺留品を回収する瀬奈舟作。
大切な家族や恋人を亡くした人々を募っての会員制による活動だったが、彼自身も津波で両親と兄を失っていた。
ある日、遺族の一人である女性が現れ、なぜか亡くした夫の指輪を探さないでほしいと言う―。
著者の新たな代表作となる鎮魂の書。
震災と津波から四年半。深夜に海に潜り、被災者らの遺留品回収を続ける男の前に美しい女が現れ、なぜか遺品を探さないでくれと言う。震災から四年半が経った地で、深夜に海に潜り、被災者たちの遺留品を回収するダイバーがいた。男の名前は瀬奈舟作。金品が目当てではなく、大切な家族や恋人を亡くした人々のために、ボランティアに近い形で行なっている。ただし、無用なトラブルを避けるため、ダイバーと遺族が直接連絡を取り合うことは禁じられていた。

ある日、舟作の前に透子という美しい女性が現れる。彼女も遺族の一人だったが、なぜか亡くなった自分の夫の遺品を探さないでほしい、と言う――。



フクシマの原発避難区域圏内にも入って取材し書かれた、著者の新たな代表作となる鎮魂の書。サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)についても強烈に考えさせられる問題作です。

巻末に新たな書下ろしエッセイ「失われた命への誠実な祈り」を収録。

天童 荒太[テンドウ アラタ]
著・文・その他
Size
291p 15cm(A6)
About the Author
天童荒太[テンドウアラタ]
1960年、愛媛県生まれ。86年に「白の家族」で第13回野性時代新人文学賞を受賞。93年には『孤独の歌声』が第6回日本推理サスペンス大賞優秀作となる。96年に『家族狩り』で第9回山本周五郎賞を受賞。2000年にベストセラーとなった『永遠の仔』で第53回日本推理作家協会賞を受賞。09年『悼む人』で第140回直木賞を受賞。13年『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 佐伯泰英
US$12.99
for Kinokuniya Member:
US$11.69
By 鴻池剛
US$16.99
for Kinokuniya Member:
US$15.29
By 群ようこ
US$8.99
for Kinokuniya Member:
US$8.09
泡沫の義 - 風烈廻り与力・青柳剣一郎 44 祥伝...
By 小杉健治
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79