Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
四人組がいた。 文春文庫: 高村薫: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
四人組がいた。 文春文庫
四人組がいた。 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2018/11
ISBN : 9784167911706

BookWeb Price : US$10.99
Kinokuniya Member price : US$9.89

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
車もめったに通らぬ山奥の寒村。
いつも郵便局兼集会所に集まるのは元村長、元助役、郵便局長、キクエ小母さんの老人四人組。
一見、退屈極まりない村だが、怪しげな気球アーティストや保険外交員の娘に始まり、果てはタヌキほか動物たちがやってきては騒動を巻き起こす。
「日本の田舎」から今を描く、痛烈なブラックユーモア小説。
村の老人四人組の元には不思議な来客ばかり。奇妙な味わいとおかしみが溢れ、「日本の偉大な田舎」から今を風刺するユーモア小説。これぞ高村流エンターテインメント!



とくに名物もない山奥の山村に、ヒマを持て余して集まる元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さんの老人四人組。村は、いつものように平穏のはすが……。

気球を使ったモダンアーティスト、若い保険外交員の娘、小学校の生徒、町史編纂する役場の職員、テレビクルーに女優……そしてたくさんの動物たちが、村でひと騒動を起こしていく。

四人は、AKBを見ながら過疎を愁い、ネットショッピングをしながら限界集落へと思いをはせる。

「日本の田舎」から今を描く、黒い笑いに満ちた短編連作。

?村 薫[タカムラ カオル]
著・文・その他
Size
299p 15cm(A6)
About the Author
〓村薫[タカムラカオル]
1953年、大阪市生まれ。国際基督教大学卒。90年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞を受賞しデビュー。93年『リヴィエラを撃て』で日本推理作家協会賞、『マークスの山』で直木賞、98年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2006年『新リア王』で親鸞賞、10年『太陽を曳く馬』で読売文学賞を受賞。16年に刊行した『土の記』では野間文芸賞、大佛次郎賞、毎日芸術賞の三冠に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)