Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
防諜捜査 文春文庫: 今野敏: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
防諜捜査 文春文庫
防諜捜査 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2018/11
ISBN : 9784167911690

BookWeb Price : US$11.99
Kinokuniya Member price : US$10.79

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
“ゼロ”の研修から戻った倉島警部補は、外事一課と掛け持ちで「作業班」に入ることになる。
そんな折、ロシア人のホステスが線路に転落し轢死する。
警察は事故か自殺の線で捜査を始めるが、これはロシア人の殺し屋による暗殺で、自分もまた狙われていると証言する日本人が現われた。
倉島はオレグというその暗殺者を追うが…。
ロシア人ホステスの轢死事件が発生。事件はロシア人の殺し屋による暗殺だという日本人の証言者が現れた。倉島は暗殺者の行方を追う!警視庁公安部警部補でエース候補の倉島は、外事一課と掛け持ちの形で作業班への移動を命じられた。

時を同じくして、ロシア人ホステスのマリア・ソロキナが鉄道線路に転落し、轢死する事件が発生。

飛び込み自殺の線で捜査は進むが、中学校教師の九条という男が現れ、事件はオレグというロシア人の殺し屋による暗殺だと証言する。九条は事故の前日に秋葉原の駅でオレグを目撃しており、自身も命を狙われていると語った。

倉島は、九条の証言を元に捜査を進めるが、重要参考人として目をつけたマリアの恋人・瀧本までもが、列車の人身事故で死亡してしまう。

ロシア人の殺し屋・オレグとは何者なのか。

何のため、どうやって連続殺人を実行しているのか。

倉島は、苦心しながらも同僚や関係各所の協力を得て、オレグの影を追いかける。

だがそんな折、オレグは存在せず、証言者の九条が殺人犯だという疑いが浮上する。

殺人者の次なる標的は、思いもかけない人物だった。

日本警察、公安、ロシア政府。

それぞれの国益とプライドをかけた防諜戦争の行方は…?

公安警察官の活躍を描く倉島警部補シリーズ第5弾!

今野 敏[コンノ ビン]
著・文・その他
Size
348p 15cm(A6)
About the Author
今野敏[コンノビン]
1955年、北海道生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。大学在学中の78年に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞し、作家デビュー。レコード会社勤務を経て、81年より執筆に専念。2006年、『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、08年、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞する。また、「隠蔽捜査」シリーズで17年に吉川英治文庫賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 湊かなえ
US$9.99
for Kinokuniya Member:
US$8.99
By 堂場瞬一
US$12.99
for Kinokuniya Member:
US$11.69
By 高村薫
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79
By 高村薫
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79