Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
黒書院の六兵衛 <上> 文春文庫: 浅田次郎: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
黒書院の六兵衛 <上>  文春文庫
黒書院の六兵衛 <上> 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2017/01
ISBN : 9784167907662

BookWeb Price : US$11.99
Kinokuniya Member price : US$10.79

Availability Status : Out of stock. We will check the availability of the item with the publisher. Usually ships from our U.S. depot within 12-15 working days from time of order if the item is in stock. Your account will only be charged upon delivery.
Language : Japanese
Important

Book Description
江戸城明け渡し迫る中、開城のため、官軍のにわか先遣隊長として、送り込まれた尾張徳川家・徒組頭の加倉井隼人。
勝安房守に伴われ宿直部屋で見たのは、無言で居座る御書院番士だった。
ここで悶着を起こしては江戸が戦に。
腕ずくで引きずり出してはならぬとの西郷隆盛の命もあり、どうする、加倉井。
奇想天外の傑作ここにあり。
江戸城明渡しが迫る中、てこでも動かぬ謎の旗本に、城中は右往左往。今も変わらぬ組織人の悲喜こもごもを描いた奇想天外の感動作。江戸城明渡しの日が近づく中、

てこでも動かぬ旗本がひとり━━。



新政府への引き渡しが迫る中、いてはならぬ旧幕臣に右往左往する城中。

ましてや、西郷隆盛は、その旗本を腕ずく力ずくで引きずり出してはならぬという。

外は上野の彰義隊と官軍、欧米列強の軍勢が睨み合い、一触即発の危機。悶着など起こそうものなら、江戸は戦になる。この謎の旗本、いったい何者なのか―。



周囲の困惑をよそに居座りを続ける六兵衛。城中の誰もが遠ざけ、おそれ、追い出せない。

そんな最中、あれ? 六兵衛の姿が見えぬ!?

勝海舟、西郷隆盛をはじめ、大物たちも顔をだす、奇想天外な面白さ。

……現代のサラリーマンに通じる組織人の悲喜こもごもを、ユーモラスに描いた傑作。



解説・青山文平

浅田 次郎[アサダ ジロウ]

Size
324p 15cm(A6)
About the Author
浅田次郎[アサダジロウ]
1951(昭和26)年、東京生まれ。「地下鉄(メトロ)に乗って」(第16回吉川英治文学新人賞)、「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞)、「壬生義士伝」(第13回柴田錬三郎賞)、「お腹召しませ」(第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞)、「中原の虹」(第42回吉川英治文学賞)。2015(平成27)年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 浅田次郎
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79
By 万城目学
US$8.99
for Kinokuniya Member:
US$8.09
By 浅田次郎
US$9.99
for Kinokuniya Member:
US$8.99
By 畠中恵
US$9.99
for Kinokuniya Member:
US$8.99