Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
「鬼畜」の家 - わが子を殺す親たち 新潮文庫: 石井光太: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
「鬼畜」の家 - わが子を殺す親たち 新潮文庫
「鬼畜」の家 - わが子を殺す親たち 新潮文庫
Publisher : 新潮社
Published Date : 2019/02
ISBN : 9784101325385

BookWeb Price : US$9.99
Kinokuniya Member price : US$8.99

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
使用済みのオムツが悪臭を放ち、床には虫が湧く。
暗く寒い部屋に監禁され食事は与えられず、それでもなお親の愛を信じていた5歳の男児は、一人息絶え、ミイラ化した。
極めて身勝手な理由でわが子を手にかける親たち。
彼らは一様に口を揃える。
「愛していたけど、殺した」。
ただし「私なりに」。
親の生育歴を遡ることで見えてきた真実とは。
家庭という密室で殺される子供たちを追う衝撃のルポ。


石井 光太[イシイ コウタ]
著・文・その他
Size
342p 15cm(A6)
Table of Contents
ase1 厚木市幼児餓死白骨化事件(地獄絵図と化したアパート;親子三人;夫婦喧嘩 ほか)
ase2 下田市嬰児連続殺害事件(伊豆半島の南;母子一族;結婚 ほか)
ase3 足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件(荒川;裁判―二〇一四年;家族の肖像 ほか)
About the Author
石井光太[イシイコウタ]
1977(昭和52)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)