Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
管見妄語とんでもない奴 新潮文庫: 藤原正彦: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
管見妄語とんでもない奴 新潮文庫
管見妄語とんでもない奴 新潮文庫
Publisher : 新潮社
Published Date : 2017/07
ISBN : 9784101248165

BookWeb Price : US$8.99
Kinokuniya Member price : US$8.09

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
「平等」は本当に小うるさい。
耳触りの良いこの言葉が、日本の国柄をズタズタにし、知識偏重との批判が、若者の学力を下げている。
このままでは、我が国は危うい。
今一度、伝統と良識を見つめ直すべきである。
鋭い視点で日本の迷走を叱責しつつ、フェアウェイ上で見かけた、密やかな空気を放つ妖しい男女に気を取られる。
ユニークな発想と慧眼で物事の本質を衝く週刊新潮大人気コラム第5弾。
Size
233p 15cm(A6)
Table of Contents
第1章 伝統は合理性を超越する(偶然の紡いだ人の鎖;霞が関の「いつもの手」 ほか)
第2章 ヨーロッパの轍を踏まぬよう(とんでもない奴!;アジア西端の街へ ほか)
第3章 世界の無法化が進んでいる(国葬論争顛末;北風の試練 ほか)
第4章 ジェントルマンの作法(二つの島の哀しみ;生はいとしき「はいチーズ」 ほか)
第5章 猛威をふるう新自由主義(捨てる勇気;エルデシュ数 ほか)
About the Author
藤原正彦[フジワラマサヒコ]
1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。’78年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『孤愁―サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)等。新田次郎と藤原ていの次男(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)