Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
ス-プの国のお姫様 小学館文庫: 樋口直哉: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
ス-プの国のお姫様 小学館文庫
ス-プの国のお姫様 小学館文庫
Publisher : 小学館
Published Date : 2017/03
ISBN : 9784094064001

BookWeb Price : US$11.99
Kinokuniya Member price : US$10.79

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese

Book Description
元料理人の僕は、奇妙な仕事を紹介される。
それは古い屋敷で、一人暮らしのマダムのために毎晩一杯のスープを作ること。
報酬は破格だった。
屋敷で、僕はマダムの孫娘の千和に出会う。
両親を事故で失くした千和は心を閉ざしていたが、母の遺した料理本を愛読し、膨大な料理の知識をもっていた。
幼い頃に母と離れ離れになった僕は、千和と心を通わせていく。
無理難題のようなリクエストに隠された“謎”を解きながら、ついに僕はずっと探してきた「母の想い出のスープ」の手がかりを見つけるが…。
悲しみから再生し、明日へと歩む力をくれる六皿のスープの物語。
謎解き×薀蓄が美味しい6皿のスープの物語

元料理人の僕は、別れた恋人から奇妙な仕事を紹介される。それは、湘南に建つ古い屋敷で、一人暮らしの高齢のマダムのために、毎晩一杯のスープを作ること。報酬は破格だった。
屋敷で、僕はマダムの孫娘である風変わりな美少女・千和に出会う。両親を事故で失くした千和は心を閉ざしていたが、母の遺した料理本を愛読し、古今東西の料理について膨大な知識を持っていた。幼い頃に母と離れ離れになった僕は、千和に自分と似たなにかを感じ、二人は少しずつ心を通わせていく。
終戦後に食べた想い出のポタージュ・ボンファム、ビールのスープ、画家ロートレックが愛したスープ、偽ウミガメのスープ、せかい1おいしいスープ……。僕と千和は力を合わせて、無理難題のようなリクエストのなかに隠された”謎”を解いていく。
そしてついに僕は、ずっと探し続けてきた「母と最後に食べた想い出のスープ」の手がかりを見つけるが――。
哀しみから再生し、明日を向いて歩む力をくれる6皿のスープの物語。



【編集担当からのおすすめ情報】
著者は、現役のフレンチの料理人としても活躍中。文庫版特典として、作中に登場するスープのレシピを収録しています。装画は浅野いにお氏、解説は『大人ドロップ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』監督の飯塚健氏。

樋口 直哉[ヒグチ ナオヤ]

Size
389p 15cm(A6)
About the Author
樋口直哉[ヒグチナオヤ]
1981年、東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。料理人・作家。フランス料理の出張料理人として活躍する。2005年、『さよならアメリカ』で第四十八回群像新人文学賞を受賞しデビュー。同作で芥川賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)