Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
新世界より <中> 講談社文庫: 貴志祐介: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
新世界より <中>  講談社文庫
新世界より <中> 講談社文庫
Publisher : 講談社
Published Date : 2011/01
ISBN : 9784062768542

BookWeb Price : US$11.99
Kinokuniya Member price : US$10.79

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
町の外に出てはならない―禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。
記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。
外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。
子供たちの潜在意識に刷りこまれた「悪鬼」と「業魔」の伝説。悪夢の正体が明かされる時、見せ掛けの平和は崩れ、社会を災厄が襲う。プラチナ本 OF THE YEAR 2008『ダ・ヴィンチ』第1位

恐怖とは内から芽ぐむ。
人間の心から出た膿が、社会を、自らを異形化させる。

心に埋め込まれた暗示が、都合の悪い記憶が蘇るのを妨害しているのだろうか。知らない方が安全――でも。警告は繰り返される。

町の外に出てはならない――禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕(はら)む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。

貴志 祐介[キシ ユウスケ]
著・文・その他
Size
442p 15cm(A6)
About the Author
貴志祐介[キシユウスケ]
1959年、大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業。生命保険会社に勤務後、作家になる。’96年、『十三番目の人格―ISOLA』が第3回日本ホラー小説大賞長編賞佳作なる。’97年、『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞、2005年、『硝子のハンマー』で第58回日本推理作家協会賞長編部門、’08年、『新世界より』で第29回日本SF大賞、’10年、『悪の教典』で第1回山田風太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 貴志祐介
US$12.99
for Kinokuniya Member:
US$11.69
By 貴志祐介
US$13.99
for Kinokuniya Member:
US$12.59
ぐらんぶる <12> アフタヌ-ンKC good...
By 井上堅二/ 吉岡公威
US$10.99
for Kinokuniya Member:
US$9.89
ぐらんぶる <10> アフタヌ-ンKC good...
By 井上堅二/ 吉岡公威
US$9.99
for Kinokuniya Member:
US$8.99