Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
冬の保安官 角川文庫 (新装版) : 大沢在昌: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
冬の保安官 角川文庫 (新装版)
冬の保安官 角川文庫 (新装版)
Published Date : 2017/01
ISBN : 9784041049181

BookWeb Price : US$12.99
Kinokuniya Member price : US$11.69

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
シーズンオフの別荘地。
見回り中の保安管理人は、無人のはずの別荘で、少女に銃口を突きつけられた。
恋人を待っているという少女と、自らの過去を思い出しながら交流するのも束の間、彼女を追う男達が現われる(表題作)。
誘拐事件の“メッセンジャー”を務めることになった「私」は、新宿で、背が高く、独特な目をした刑事に声をかけられ…。
大沢作品の人気役者達が共演を果たす「再会の街角」を含む全9篇、極上の短編集。
別荘地の管理人が出会ったのは、拳銃を持った少女だった――極上の短編集。ある過去を持ち、今は別荘地の保安管理人をする男。冬の静かな別荘で出会ったのは、拳銃を持った少女だった(表題作)。大沢人気シリーズの登場人物達が夢の共演を果たす「再会の街角」を含む極上の短編集。

大沢 在昌[オオサワ アリマサ]
1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『極悪専用』『魔女の封印』。
Size
431p 15cm(A6)
About the Author
大沢在昌[オオサワアリマサ]
1956年、名古屋市生まれ。慶應義塾大学法学部中退。79年「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。その後、86年『深夜曲馬団』で日本冒険小説協会最優秀短編賞、91年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、94年『無間人形 新宿鮫4』で直木賞、2004年『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞、10年、日本ミステリー文学大賞、14年『海と月の迷路』で吉川英治文学賞を受賞。ハードボイルド、冒険小説を中心に幅広い分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)