Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
肉まんを新大阪で 文春文庫: 平松洋子/ 下田昌克: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
肉まんを新大阪で 文春文庫
肉まんを新大阪で 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2018/05
ISBN : 9784167910723

BookWeb Price : US$10.99
Kinokuniya Member price : US$9.89

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
「ぶたまん」の響きは、聞いたそばから耳がとろけそう―新大阪から乗り込んだ新幹線の中でその人気を見せつけられ、すがすがしい五月の夕刻には浅草でどぜう鍋をつつき、数十年ぶりに実家で食べる金色の栗ごはんに胸が弾む秋。
どんな時でも読めば食欲が湧いてくるエッセイ76篇を収録した文庫オリジナル。
空腹をなだめてくれるちくわの静かな狂気、盛岡で満たされるコッペパン。暮らしの中にも旅先にも美味しさたっぷり。文庫オリジナル。

平松 洋子[ヒラマツ ヨウコ]
著・文・その他
下田 昌克[シモダ マサカツ]
イラスト
Size
270p 15cm(A6)
Table of Contents
 ちくわ名作シリーズ(ちくわ名作シリーズ;ピカソパンの中身 ほか)
 肉まんを新大阪で(うに丼を津軽半島で;つったい肉そば ほか)
 きゅうり、どんどん(五月のどぜう鍋;酸っぱい雷 ほか)
 ナミナミツガシテ(サザエのしっぽ;とっさの箸置きほか)
About the Author
平松洋子[ヒラマツヨウコ]
エッセイスト。岡山県倉敷市生まれ。東京女子大学文理学部社会学科卒業。食文化と暮らしをテーマに執筆活動を行う。『買えない味』で第16回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞、『野蛮な読書』で第28回講談社エッセイ賞受賞。著書多数
下田昌克[シモダマサカツ]
イラストレーター。1967年、兵庫県生まれ。1994年から2年間、中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパを旅し、現地で出会った人々のポートレイトを描き始める。作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)