Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
目玉焼きの丸かじり 文春文庫: 東海林さだお: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
目玉焼きの丸かじり 文春文庫
目玉焼きの丸かじり 文春文庫
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2018/01
ISBN : 9784167910013

BookWeb Price : US$10.99
Kinokuniya Member price : US$9.89

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
ポンと割ってジュッ。
目玉焼きは誰かが作ったのがいきなり目の前に出てくるより、自分で作って食べるほうがはるかにおいしい―。
パセリの哀れな境遇を嘆き、枝豆の正式な食べ方についてマジメに考えを巡らせ、つぶアン派かこしアン派かで、人物像を鋭くプロファイル。
大人気食エッセイシリーズ第37弾!
Size
236p 15cm(A6)
Table of Contents
きゅうりは誠実か
「序で」の力
アボカドの“身持ち”
やきそば牛丼の恩愛
クサヤ好きの立場
「しょース」出現
枝豆の正式マナーは?
いちじくの警告
「干天の慈ビール」
「おかかは6位でいいのか」〔ほか〕
About the Author
東海林さだお[ショウジサダオ]
本名庄司禎雄。昭和12(1937)年東京生れ。早稲田大学露文科中退。45年第16回文藝春秋漫画賞、平成7年第11回講談社エッセイ賞受賞。9年漫画とエッセイ両分野の活躍により第45回菊池寛賞受賞。12年紫綬褒章受章。13年第30回日本漫画家協会賞大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)