Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
最愛の子ども: 松浦理英子: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
最愛の子ども
最愛の子ども
Publisher : 文藝春秋
Published Date : 2017/04
ISBN : 9784163906362

BookWeb Price : US$26.99
Kinokuniya Member price : US$24.29

Availability Status : Out of stock. We will check the availability of the item with the publisher. Usually ships from our U.S. depot within 12-15 working days from time of order if the item is in stock. Your account will only be charged upon delivery.
Language : Japanese
Important

Book Description
“パパ”日夏、“ママ”真汐、“王子”空穂。
わたしたちの心をかき立てるのは、同級の女子高生三人が演じる疑似家族。
時代を切りひらいて来た作家、最新にして最高の傑作! 日夏と真汐と空穂。女子高生3人の〈ファミリー〉とそれを見守る同級生たち。3人の均衡の中で生まれるドラマを巧みに語る傑作長編。日夏(ひなつ)と真汐(ましお)と空穂(うつほ)。

夫婦同然の仲のふたりに、こどものような空穂が加わった。

私立玉藻(たまも)学園高等部2年4組の中で、

仲睦まじい3人は〈わたしたちのファミリー〉だ。



甘い雰囲気で人を受け入れる日夏。

意固地でプライドの高い真汐。

内気で人見知りな空穂。



3人の輪の中で繰り広げられるドラマを、

同級生たちがそっと見守る。

ロマンスと、その均衡が崩れるとき。

巧みな語りで女子高生3人の姿を描き出した傑作長編。

松浦 理英子[マツウラ リエコ]

Size
212p 19cm(B6)
About the Author
松浦理英子[マツウラリエコ]
1958年、愛媛県松山市生まれ。青山学院大学文学部卒業。78年「葬儀の日」で第47回文學界新人賞を受賞しデビュー。94年『親指Pの修業時代』で女流文学賞、2008年『犬身』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)