Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
日日是好日 - 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 新潮文庫: 森下典子: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
日日是好日 - 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 新潮文庫
日日是好日 - 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 新潮文庫
Publisher : 新潮社
Published Date : 2008/11
ISBN : 9784101363516

BookWeb Price : US$9.99
Kinokuniya Member price : US$8.99

Availability Status : Out of stock. We will check the availability of the item with the publisher. Usually ships from our U.S. depot within 12-15 working days from time of order if the item is in stock. Your account will only be charged upon delivery.
Language : Japanese
Important

Book Description
お茶を習い始めて二十五年。
就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。
失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。
がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。
「ここにいるだけでよい」という心の安息。
雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。
Size
252p 15cm(A6)
Table of Contents
茶人という生きもの
「自分は何も知らない」ということを知る
頭で考えようとしないこと
「今」に気持ちを集中すること
見て感じること
たくさんの「本物」を見ること
季節を味わうこと
五感で自然とつながること
今、ここにいること
自然に身を任せ、時を過ごすこと
このままでよい、ということ
別れは必ずやってくること
自分の内側に耳をすますこと
雨の日は、雨を聴くこと
成長を待つこと
長い目で今を生きること
About the Author
森下典子[モリシタノリコ]
1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を’87年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 森下典子
US$23.30
for Kinokuniya Member:
US$20.97
By 百田尚樹
US$10.99
for Kinokuniya Member:
US$9.89
明るい原田病日記 - 私の体の中で内戦が起こった ...
By 森まゆみ
US$12.90
for Kinokuniya Member:
US$11.61
By 森まゆみ
US$8.60
for Kinokuniya Member:
US$7.74