Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
それでも、日本人は「戦争」を選んだ 新潮文庫: 加藤陽子(日本近代史): BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
それでも、日本人は「戦争」を選んだ 新潮文庫
それでも、日本人は「戦争」を選んだ 新潮文庫
Publisher : 新潮社
Published Date : 2016/07
ISBN : 9784101204963

BookWeb Price : US$12.99
Kinokuniya Member price : US$11.69

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
膨大な犠牲と反省を重ねながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。
指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思いなお参戦やむなしの判断を下した。
その論理を支えたものは何だったのか。
鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。
小林秀雄賞受賞。
日清戦争から太平洋戦争まで多大な犠牲を払い列強に挑んだ日本。開戦の論理を繰り返し正当化したものは何か。白熱の近現代史講義。膨大な犠牲と反省を残しながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思い、なお参戦やむなしの判断を下した。その論理を支えたものは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。小林秀雄賞受賞。

加藤 陽子[カトウ ヨウコ]

Size
497p 15cm(A6)
Table of Contents
序章 日本近現代史を考える
1章 日清戦争―「侵略・被侵略」では見えてこないもの
2章 日露戦争―朝鮮か満州か、それが問題
3章 第一次世界大戦―日本が抱いた主観的な挫折
4章 満州事変と日中戦争―日本切腹、中国介錯論
5章 太平洋戦争―戦死者の死に場所を教えられなかった国
About the Author
加藤陽子[カトウヨウコ]
1960(昭和35)年埼玉県生れ。東京大学大学院博士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は日本近現代史。2010(平成22)年『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』で小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 諌山創
US$7.99
for Kinokuniya Member:
US$7.19
By 諌山創
US$7.99
for Kinokuniya Member:
US$7.19
By 諌山創
US$7.99
for Kinokuniya Member:
US$7.19
からすのパンやさん かこさとしおはなしのほん (2...
By 加古里子
US$16.99
for Kinokuniya Member:
US$15.29