Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
文学の淵を渡る 新潮文庫: 大江健三郎/ 古井由吉: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
文学の淵を渡る 新潮文庫
文学の淵を渡る 新潮文庫
Publisher : 新潮社
Published Date : 2018/01
ISBN : 9784101126241

BookWeb Price : US$8.99
Kinokuniya Member price : US$8.09

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
聖なるものと優れた小説がともにもつ、明快にして難解な言葉の有り様を語り、鴎外から中上健次まで百年間の名作小説を、実作者の眼で再検証する。
また、外国詩を読み、翻訳する喜びを確認し合う傍らで、自らの表現を更新するたび「+1」を切望する、創作時の想いを明かす。
日本文学の最前線を半世紀を超えて走り続けた小説家が、それぞれの晩年性から文学の過去と未来を遠望する対談集。
Size
275p 15cm(A6)
Table of Contents
明快にして難解な言葉
百年の短篇小説を読む
詩を読む、時を眺める
言葉の宙に迷い、カオスを渡る
文学の伝承
漱石100年後の小説家
About the Author
大江健三郎[オオエケンザブロウ]
1935(昭和10)年、愛媛県生れ。東京大学文学部仏文科卒業。在学中に「奇妙な仕事」で注目され、’58年「飼育」で芥川賞を受賞。’94(平成6)年ノーベル文学賞受賞
古井由吉[フルイヨシキチ]
1937(昭和12)年、東京生れ。東京大学文学部独文科修士課程修了。’71年「杳子」で芥川賞受賞。その後、’80年『栖』で日本文学大賞、’83年『槿』で谷崎潤一郎賞、’87年「中山坂」で川端康成文学賞、’90(平成2)年『仮往生伝試文』で読売文学賞、’97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)