Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
トランプと自衛隊の対中軍事戦略 - 地対艦ミサイル部隊が人民解放軍を殲滅す 講談社+α新書: 北村淳: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
トランプと自衛隊の対中軍事戦略 - 地対艦ミサイル部隊が人民解放軍を殲滅す 講談社+α新書
トランプと自衛隊の対中軍事戦略 - 地対艦ミサイル部隊が人民解放軍を殲滅す 講談社+α新書
Publisher : 講談社
Published Date : 2018/06
ISBN : 9784065116548

BookWeb Price : US$14.99
Kinokuniya Member price : US$13.49

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
北朝鮮の核問題収束後、トランプ大統領は本気で中国を叩く! 二〇二二年から二六年のあいだに実施されるグレートバリア戦略とは何か 北朝鮮の核問題が片付いたあと、トランプ大統領は、本気で中国を叩く!! 
 二〇二二年から二六年のあいだに実施されると見られる「グレートバリア戦略」とは何か――東シナ海と南シナ海で起こる事態を、アメリカ海軍SEALsや海兵隊武装偵察部隊ForCEREConなどが戦術検証のために用いる手法の進化版「レッドセル分析」に基づき、具体的に描写する。
 この「グレートバリア戦略」は、トランプ政権が日本をも巻き込んで推し進める対中軍事戦略。元アリカ太平洋軍司令官ハリー・ハリス海軍大将が、「南シナ海や東シナ海の海域で中国海軍に対抗するには、海洋戦力だけではなく陸上戦力による対艦攻撃能力を強化して、活用しなければならない」と述べるように、世界で唯一の自衛隊地対艦ミサイル連隊が主役となり、日本が開発・製造した地対艦ミサイルが、中国軍を無力化する!!
 ――本書のシミュレーションは、決して空想的な未来戦記ではない。それらは、二〇二X年に「グレートバリア戦略」が実施された場合、東シナ海と南シナ海で現実となる状況なのだ。


北村 淳[キタムラ ジュン]
著・文・その他
Size
233p 18cm
Table of Contents
まえがき―日本が開発・製造している地対艦ミサイルが主役
第1章 「グレートバリア戦略」とは何か
第2章 大反撃を受ける中国
第3章 中国人民解放軍が宮古島に侵攻する日
第4章 南シナ海で中国が直面する悪夢
終章 地対艦ミサイルは専守防衛の武器
About the Author
北村淳[キタムラジュン]
アメリカ海軍アドバイザー(政治社会学博士)。東京都に生まれる。東京学芸大学教育学部卒業。警視庁公安部勤務後、1989年に北米に渡る。ハワイ大学ならびにブリティッシュ・コロンビア大学で助手・講師等を務め、戦争発生メカニズムの研究によってブリティッシュ・コロンビア大学で政治社会学博士号を取得。専攻は戦略地政学ならびに海軍戦略論。軍隊の内部でフィールドリサーチを行う数少ない日本人で、米シンクタンクで海軍アドバイザーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)