Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
この世でいちばん大事な「カネ」の話 角川文庫: 西原理恵子: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
この世でいちばん大事な「カネ」の話 角川文庫
この世でいちばん大事な「カネ」の話 角川文庫
Publisher : 角川書店
Published Date : 2011/06
ISBN : 9784043543182

BookWeb Price : US$9.99
Kinokuniya Member price : US$8.99

Availability Status : In stock at our Fulfillment Center in Japan. Usually ships from our U.S. depot within 7-10 working days from time of order.
Language : Japanese
Important

Book Description
「生まれて初めて触ったお金には、魚のウロコや血がついていたのを覚えている」―お金の無い地獄を味わった子どもの頃。
お金を稼げば「自由」を手に入れられることを知った駆け出し時代。
やがて待ち受ける「ギャンブル」という名の地獄。
「お金」という存在と闘い続けて、やがて見えてきたものとは…。
「お金」と「働く事」の真実が分かる珠玉の人生論。
TVドラマ化もされた感動のベストセラー、遂に文庫化。
Size
202p 15cm(A6)
Table of Contents
第1章 どん底で息をし、どん底で眠っていた。「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。
第2章 自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れるということだった。
第3章 ギャンブル、為替、そして借金。「カネ」を失うことで見えてくるもの。
第4章 自分探しの迷路は、「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。
第5章 外に出て行くこと。「カネ」の向こう側へ行こうとすること。
谷川俊太郎さんからの四つの質問への西原理恵子さんのこたえ
About the Author
西原理恵子[サイバラリエコ]
1964年高知県生まれ。武蔵野美術大学在学中に『ちくろ幼稚園』で漫画家デビュー。97年『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞を受賞。2004年『毎日かあさん カニ母編』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、05年『上京ものがたり』『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Customers Who Bought This Item Also Bought
By 国分拓
US$11.99
for Kinokuniya Member:
US$10.79
By 中村元(インド哲学)
US$21.99
for Kinokuniya Member:
US$19.79
反応しない練習 - あらゆる悩みが消えていくブッダ...
By くさなぎ龍瞬
US$21.99
for Kinokuniya Member:
US$19.79
By 山崎元
US$21.99
for Kinokuniya Member:
US$19.79