Welcome Guest | ログイン
検索
詳細検索
世界地図のおもしろい読み方 扶桑社文庫: 「地図の読み方」特捜班: BOOKS KINOKUNIYA
詳細
世界地図のおもしろい読み方 扶桑社文庫
世界地図のおもしろい読み方 扶桑社文庫
出版社 : 扶桑社
出版年月 : 2007/07
ISBN : 9784594053925

BookWeb価格 : S$ 14.70
会員価格 : S$ 11.76

在庫情報 : 配送センターに在庫があります。
通常、5日以内に発送いたします。
言語 : Japanese
Stock Information
Store Shelf Location Click here Stock
Singapore Main Store M37-01, M29-01, M40-01 Map
Liang Court Store G14-08, H06-02, H13-02 -
Bugis Junction Store -
Important
  • While every attempt has been made to ensure stock availability, occasionally we do run out of stock at our stores.
  • Retail store and online prices may vary.
  • To confirm availability and pricing, please call the store directly.
Retail Store Contact Details and Operating Hours

内容情報
世界には、日本人の常識が通用しない場所がいたるところにある。
自国のなかに独立国が2つもある国、人口が4人しかいない小国、国旗があるのに定住民がいない島…。
こんな信じられない事実が、世界地図には閉じ込められているのだ。
まさに世界地図は、世界の不思議がコンパクトに凝縮された絵巻。
本書は、世界地図をひも解き、いまもある仰天の事実を紹介し、歴史的背景まで説明している。
手軽にして奥深い、世界地図のおもしろさを本書から存分に読み取ってほしい。
Size
211p 15cm(A6)
Table of Contents
第1章 人口わずか4人の国家が、世界にある!―世界地図から浮き上がってくる、日本の常識がふっとぶ仰天国家(なぜか二つの隣国に税金を納めつづける、摩詞不思議な小国家とは?;かつてアフリカに実在した、超短命国家の悲劇 ほか)
第2章 ドイツを走っている電車、しかし、線路だけベルギー領、どーして?―世界地図をじっくり眺めると見えてくる、国の中に国がある“飛び地”の不思議(スペイン領の「リヴィア」は、なぜフランス国内にぽつんとあるのか?;ロシアの飛び地がバルト海沿岸にあるのは、いったいなにゆえ? ほか)
第3章 世界一のリゾート地ハワイに、なんと“鎖国中”の島がある!―世界地図をつくるための国名、色、国境線、みんな深い深い意味があった(女性はもちろん、動物のメスまで拒否する、完全禁欲の州が実在する;インド北部カシミール地方の国境線が、なぜか点線になっているワケ ほか)
第4章 ドイツ、オランダ、ベルギーを数秒でまわれる場所がある!―世界地図を眺めてわかった、ワケありのスポット(国土が広くて時差があるはずの中国で、なぜか標準時は一つというナゾ;ドイツ・オランダ・ベルギーをわずか数秒でまわれる場所がある ほか)