Welcome Guest | Login
SEARCH
Advanced
日本人としてこれだけは知っておきたいこと PHP新書: 中西輝政: BOOKS KINOKUNIYA
Book Details
日本人としてこれだけは知っておきたいこと PHP新書
日本人としてこれだけは知っておきたいこと PHP新書
Publisher : PHP研究所
Published Date : 2006/10
ISBN : 9784569648446

BookWeb Price : MYR 39.37
Kinokuniya Privilege Card member price : MYR 35.43

Availability Status : Out of stock.
The item is subject to availability at publisher.We will e-mail you with an estimated delivery date as soon as we have more information. Your account will only be charged upon delivery.
Language : Japanese

Book Description
なぜ日本人は戦前を否定するのか?なぜ「歴史」を社会科で教えるのか?日本人が天皇を必要とする理由は?―六〇年前の敗戦をきっかけに、明治も江戸も古代までも全否定する奇妙な歴史観が、この国を支配してきた。
しかし、近現代世界はいま大きく変動している。
戦争の真実を物語る機密文書も公開されはじめた。
「この国のかたち」を描くために、私たちはいま何をすべきか。
積み重ねられた「戦後の嘘」を打ち捨て、日本文明の核心を捉えることで、日本人のアイデンティティを真正面から問う。
戦後日本の呪縛を解き放つ画期的な論考。

近現代世界は60年周期で大変動する。戦後60年が過ぎた今こそ、日本の歴史を見直すべき時である――戦後日本の呪縛を解き放つ論考。

なぜ日本人は戦前を否定するのか? なぜ「歴史」を社会科で教えるのか? 日本人に天皇は必要なのか? ――六〇年前の敗戦をきっかけに、明治も江戸も古代までも全否定する奇妙な歴史観が、この国を支配してきた。しかし、近現代世界はいま大きく変動している。戦争の真実を物語る史料も公開されはじめた。「この国のかたち」を描くために、私たちはいま何をすべきか。まず第一に、日本を考えるにあたってすべての「結節点」である「あの戦争」の意味を考えないわけにはゆかない。次に、「終戦」という嘘、「自主憲法」という嘘、「憲法九条が平和を守った」という嘘、「戦後の民主化が高度成長を促した」という嘘、「国際化」という嘘……積み重ねられた「戦後の嘘」を打ち捨てなければならない。さらに、「天皇」と「心」を日本文明の核心として捉えることで、日本人のアイデンティティを、真正面から問いなおさなければならないのである。

●第一章 歪められた自画像 
●第二章 あの戦争をどう見るべきか 
●第三章 日本人にとっての天皇 
●第四章 日本文明とは何か
Size
254p 18cm
Table of Contents
第1章 歪められた自画像(なぜ日本人は戦前を全否定するのか;戦後の嘘;戦後の悲しき真実;戦後六〇年、いまこそ覚醒のとき)
第2章 あの戦争をどう見るべきか(日露戦争をどう見るべきか;日本はなぜ大東亜戦争に突入したのか)
第3章 日本人にとっての天皇(天皇―世界に類なき君主;なぜ日本人は天皇を必要とするのか;天皇を戴いて歩み続けるために)
第4章 日本文明とは何か(戦後日本人を呪縛した『菊と刀』;日本文明―この独自なる文明;この国の「心のかたち」)
About the Author
中西輝政[ナカニシテルマサ]
1947年大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。国際政治学、国際関係史、文明史。平成14年正論大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)